顔のシミを消す!なくす方法ある?

顔のシミを消す方法って?【市販クリーム化粧品口コミ】

top2

img

 

お急ぎの方はこちら >>ビーグレン公式へ

顔のシミを消したい!【顔のシミを消す化粧品市販見分け方】

ポイント

 

「ちゃんとケアしてるのにシミが消えない・・」その原因は効果ナシのダメコスメ

 

img

 

ではここからは具体的にどんな化粧品を使って行けば実際にシミが消えてくれるのか、顔のシミを消す方法について紹介していきたいと思います。

 

まず、世の中に星の数ほど「美白化粧品」と言われるものはありますがその大半は継続して使ってもあまり効果が期待できないものが多いです。

 

いわゆる

 

 

「なんちゃって美白コスメ」

 

 

ですね。これらの化粧品をどれだけ長く使っていたとしても残念ながらシミ改善には期待できないものは多いです。

 

認可されている美白成分とは?

 

そもそもシミ改善に効果があるとされている成分には限りがあります。

 

現段階において厚生労働省に認可されているのは

 

「トラネキサム酸」「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」「プラセンタ」「アルブチン」「エラグ酸」「カモミラET」「リノール酸」「ルシノール」「T-AMCHA」の10種類。

 

シミ改善を狙う場合はこれらの成分が配合されているかどうかを見極めなくてはならないのです。

 

これらの成分が配合されていない「美白コスメ」は、美白は期待できません!! 

 

お急ぎの方はこちら >>ビーグレン公式へ

顔のシミ消しのためにできること

img

 

美白化粧品をしっかりと使いましょう

 

特に化粧水は美白対策に欠かすことが出来ません。

 

乾燥肌がシミを悪化させることもあるのでなにはなくとも保湿ケアだけは念入りに行ってください。化粧水を付けるときは2度3度と重ね付けするのがポイント。

 

手のひらを肌に押さえつけた時にしっとりと吸い付くようになるまで繰り返し塗るようにしてください。

 

化粧水の後は美白美容液・美白クリームも忘れずに使うようにしましょう。

 

保湿をしっかりする事

 

また、正常なターンオーバーには潤った肌が不可欠です。

 

シミは新陳代謝によって少しずつ排出されますから肌の生まれ変わりを健やかにするため保湿はしっかり行いましょう。

 

保湿をたっぷりすることで潤いに満ちた美しい肌を保つことができますし、透明感やくすみ抜けも期待できます。

 

日焼け止めは年中使う事

 

日焼け対策は夏場だけのモノではありません。

 

冬であってもたとえ曇り空の日でも紫外線は絶え間なく降り注いでいるのです。

 

モチロン家の中でも紫外線は入り込んできますから洗顔後すぐに日焼け止めを塗る・・と言うことを習慣づけるようにするとイイですね。

 

 

マッサージ・パックも取り入れて

 

軽いマッサージや美肌パックを行うことでシミを薄くさせる・・と言う効果があります。パックなどで肌の状態を上げてあげることでキメも整いターンオーバーを正常に導いてくれますよ!

 

マッサージのやり方は時計回りにクルクルらせん状に指先を使って行うのが基本。

 

ゴシゴシ力を入れ過ぎると肌を傷めてしまう原因にもなるのでソフトタッチで行うのが大切ですよ。

 

お急ぎの方はこちら >>ビーグレン公式へ

結局一番顔のシミ消しに効果があった化粧品は?【私の結論】

img

arrow

公式へ


シミができる原因

img

 

中高年以降になると増大するのがシミの悩み。最近では美容外科から化粧品に至るまで様々な対処方法が提案され、シミ改善においても大きな成果が挙げられていますが、ただやはり一度シミが出来てしまうとなかなか元の状態に戻すのはお金も時間もかかり難しいと言わざるを得ません。

 

出来ればいくつになってもシミのできない肌を目指したいところですが、では一体どんなところに気を付ければよいのでしょうか?

 

シミが出来てしまう原因は画一的なものではなく外的要素、内的要素が絡まり合って起こると言われています。そのため日焼け止めやサングラスを用いるなど外的要因から肌を守るだけでなく、食生活の改善、ストレスを溜めない生活などトータルで見ていくようにすると良いでしょう。

 

紫外線の影響

 

紫外線を浴びると肌は防御のためにメラニン色素を作り出します。これがいわゆる日焼けです。

 

新陳代謝が盛んに行われている間は古い角質と共に剥がれ落ちて元の肌の状態に戻っていくのですが、加齢などが原因で新陳代謝のサイクルが乱れてくるとメラニン色素が肌表面に留まってしまい色素沈着を起こしてシミの原因となってしまうのです。

 

シミを作る原因の7割強を占めていると言われているのが紫外線の影響です。

 

一昔前には「日焼けは健康に良い」とされた時代もありましたが今は紫外線が身体に与える影響が続々と報告されています。モチロン肌にとっても紫外線が与える影響は甚大ですから夏場だけでなく屋外に長くいる場合には冬であっても日焼け対策は行っておきましょう。

 

ストレスが原因で起こるシミ

 

実はストレスが原因で出来てしまっているシミも少なくありません。

 

女性の場合、強いストレスを受けることで脳下垂体を刺激、ホルモンバランスが崩れその結果色素細胞の活動が活発になりシミを増やすと言われているのですね。

 

またストレスが溜まることで体内に身体を錆びさせる活性酸素の量も増えてしまうため、肌の老化はますます促進しシミができやすくなる環境を作り上げてしまいやすくなります。

 

ストレスを上手に発散させることも美肌作りのポイントだと言えるでしょう。

 

 

タバコもできればやめたい

 

タバコを吸うと体内に活性酸素が増え体内の細胞を錆びさせてしまいます。

 

また喫煙によって血管は収縮され血行が悪くなり肌の老化を引き起こします。

 

さらに美肌作りに欠かせないビタミンCを破壊してしまうため急速に肌の老化を促進させてしまうこともよく知られています。

顔のシミを取る方法は?【レーザー・化粧品成分など徹底研究!】

img

顔のシミを取る方法にはいくつかあります。
例えば

 

○美容外科・皮膚科などによるレーザー治療
○化粧品によるシミ改善

 

前者の方は即効性がある分費用的にはかなりお高くなります。

 

逆に後者の方は確かに効果が出るまでにある程度の時間はかかりますが、費用的にもお手頃ですし化粧品と言うリスクも少ない方法でもあるので気軽に始めることが出来るのですね。

 

もっともお金に余裕のある方であればレーザー治療など美容外科に相談に行くのも一つの手でしょう。

 

但し先ほども言いましたように一般的なシミ取り治療になるとピンポイントのシミでおよそ5000円程度、頬全体、鼻の周り・・と言ったように広範囲の施術になると1回あたり40000円から50000円くらいの高額な治療費が掛かってしまうのです。

 

さらにレーザー治療は確かに即効性があるのですがだからと言って1回の施術でキレイにシミがなくなるのか・・と言うとそうではありません。

 

シミの濃さや大きさ、深さによっては数回から十数回の治療が必要になってくることもあるのです。つまりシミ取り治療には決して少なくないお金が必要になってくると言うことなのです。

 

そうなると最も手軽で現実的な方法と言えば化粧品を使うことになってくるのはないでしょうか。

 

<どんな化粧品を使えばよいのか?>

 

化粧品でシミを消すとなった場合どんなものを選べば良いのかわからない・・って方も少なくないですよね。

 

確かにドラックストアなどに行けばシミ改善、美白などの効果をうたった化粧品を山のように見つける事が出来ます。ただ、これらの商品を使ったからと言って本当にシミが消えるか・・と言うと決してそうではないのですね!!

 

今までに「シミ取り効果バツグン・シミを撃退」など堂々と書かれてあるような化粧品を使っても全く効果がなかった・・と言う経験をされた方も一人や二人なんかではないハズです。

 

シミを消す目的で化粧品を選ぶのならきちんと効果があるモノをチョイスしなければなりません。そこで大切になってくるのが「配合成分」

 

特にシミの原因となるメラニン色素を撃退する成分、さらには肌代謝を促すことのできる成分が入っているかを確認するようにしましょう。

 

★メラニン色素を撃退する成分

  • ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • エラグ酸 など

 

★肌代謝を高める成分

  • レチノール
  • ビタミンE など

 

特にメラニン色素を撃退する成分の中でも「ハイドロキノン」は肌のブリーチ剤と言われるほどの強力な漂白効果を持つ成分です。

 

シミの予防はもちろんのこと、できてしまったシミに対しても高い威力を誇るのでシミ対策を考える方はぜひ覚えておくと良いでしょう。

 

お急ぎの方はこちら >>ビーグレン公式へ

シミ取り化粧品の効果的な使い方

img

美白化粧品に限らず多くの化粧品では大抵の場合、化粧水、美容液、乳液、クリームなどラインで販売されていることが多いです。

 

ココで疑問になるのが

 

「そもそも化粧品はライン使いしないといけないモノなのか?単品使いだと意味がなくなってしまうのか?」

 

と言う事。
結論から言えば必ずしもライン使いをしなければいけない・・と言うことは無さそうです。

 

ただやはり理想を言うならばラインで使うのが最も好ましいと言うのは間違いないでしょう。

 

そもそもラインで販売されている・・というのはそれなりの理由があるからに他ありません。

 

ただ同じメーカー、同じブランドであってもアイテムによって合う・合わないはありますし、好き嫌いはどうしても出てきてしまうと思うのですね。そう言う場合にはもちろん違うブランドの化粧品を組み合わせるのもアリだと思います。

 

ただ美白効果を狙うとか、シミを消すとか何らかの効果を狙ったケースの場合、場違いなくラインで使った方が効果は出ます。これは間違いないようです。

 

img

 

とりあえずはラインで使ってみよう

よっぽどの理由でない限り、使い始めのうちはとりあえず一通りそろえて使ってみるのがベストだと言えます。

 

いきなり本体を買いそろえるのはキツイと言う場合にはトライアルや試供品などを手に入れてみて、できれば2週間から1か月くらい肌の様子・変化をみられると良いと思います。

 

ただ今までの化粧品がたくさん残っている、新しく買い揃えるのがもったいない・・と言う場合には、まずは足りない、必要なアイテムだけを取り入れ徐々にライン使いに戻していく・・と言う方法を取られると良いでしょう。

 

保湿は念入りに・・

シミ取り効果を上げるには保湿ケアが欠かせません。

 

潤いのあるお肌は美肌への第一歩。シミ対策として折角の栄養分を肌に与えようとしても肝心のお肌が乾燥して固くなってしまっている場合には効果も半減以下となってしまうのです。

 

特に乾燥しがちな冬場は要注意!!たっぷりの化粧水を肌に与え肌を乾燥から守りましょう。

 

古い角質はピーリングできちんと取る

薄いシミやクスミ程度であればピーリングだけで改善するくらい効果は絶大です。

 

ピーリングは肌が荒れる・・と思う方もおられるかもしれませんが市販されているピーリング剤はどれもそれほど強い作用を持つものでないため安心して使うことが出来るのでお勧めです。

 

始めて使う方であればまずはAHAやフルーツ酸と呼ばれる成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

 

定期的にピーリングを行うことでシミ対策としても確実に効果が得られますよ。

 

お急ぎの方はこちら >>ビーグレン公式へ

顔のシミ消し化粧品選びに迷ったら【市販おすすめ美白成分】

img

美白成分の種類多すぎ!「どれを選べばいいの?」という方にオススメなのは…

 

上記の美白成分の中でも、特に今注目をされている成分なのが「ハイドロキノン」。

 

一般的な美白成分がメラニン色素を生成する段階でのプロセスを阻害するとか、メラニン色素の働きを抑えるとか、新陳代謝を促しターンオーバーを促進させるとか言った直接的ではないアプローチでのシミ対策なのに対して

 

ハイドロキノンは「シミの漂白剤」との異名を持つほどの強力にシミを消す効果があります。

 

その効果は一般的な美白コスメに良く用いられるビタミンC誘導体やアルブチンなどに比べると約100倍以上の効果があると言われているほど!!

 

圧倒的なシミ改善効果が期待できるのですね。

 

ハイドロキノン、肌への負担や副作用は大丈夫?

 

img

 

ただハイドロキノンはその性質上、酷く不安定な成分で

 

使い方を間違えてしまうと「白抜け」「白斑」「かぶれ」「色素沈着」などを起こしやすい・・。

 

ですので最近まで日本での認可が下りず、高いシミ改善効果があるにも拘らず医師の許可なくして使用することが難しかった・・と言う歴史があります。

 

そのことから現在においても使用するのが不安だ・・と感じる方も少なくありませんが近年の研究の結果、不安定であったハイドロキノン安定化させた「新安定型ハイドロキノン」が開発されたことによって化粧品の分野にも広く活用されるようになったのです。

 

もちろんシミ改善効果はそのままですから安全性の高いシミ漂白剤=新ハイドロキノンと言う事が言えるのですね。

 

新陳代謝を促すとかメラニン色素の働きを阻害するとかまったりゆったりしたシミアプローチではもう物足りないと言う方!!ぜひハイドロキノン配合の美白コスメを使ってみてください。
使えば使うほどに厄介なシミが薄くなっていく効果を実感することが出来るでしょう。

 

ハイドロキノン

 

海外ではシミのブリーチ材として最もよく用いられる成分。強力な漂白作用がある。
メラニン色素を生成する働きのある酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害する働きがあり、
これから出来るシミにはもちろん、すでに出来てしまったシミ対策としても効果的である。

 

お急ぎの方はこちら >>ビーグレン公式へ

顔のシミを消す方法Q&A

唇のシミについて質問です。唇に出来てしまったホクロのようなシミはどうすれば良いのでしょうか?(26歳 女性)

クレンジング不足・口紅のタール色素が原因
肌だけでなく唇にもシミは出来てしまいます。普段は口紅やリップなどを塗っていることで分かりにくいことも多いのですが、意外にも唇のシミで悩まれている方って多いのですね。肌のシミが加齢や紫外線の影響で現われることが多いのに対して、唇にシミが出来る原因の多くは紫外線の影響とともにクレンジング不足が挙げられるのが特徴です。口紅にタール色素が含まれている場合、紫外線に当たることでタール色素が色素沈着を起こしやすくなりシミの原因となってしまう事が非常に多いのですね。特に「落ちない口紅」として販売されている色持ちの良い口紅にはタール色素が使われているケースが多く、その場合特に念入りにクレンジングを行うことが必要になるでしょう。落ちない口紅の場合には普通の洗顔だけだと唇のしわなどに色素が残ってしまう事もあるので専用のクレンジング使うか、もしくは2度洗いをするなどしっかりと落とすように心がけてください。またタール色素が紫外線に反応してシミになってしまう事から屋外で長時間活動するようなときにはタール色素を含まない口紅やリップを使用するなどシミの原因を作らない対処も必要になります。また最近は唇専用の日焼け止めも販売されているので紫外線予防としてこういったアイテムを取り入れるのもオススメですね。さらに出来てしまった唇のシミには「唇専用のシミ美容液」なるものも販売されているので、ホクロのようなシミが気になる場合はなるべく早くにケアされる事をお勧めします。まずは唇にシミを作らないためにも

  • タール色素配合の口紅やリップはなるべく使わない
  • 唇にもきちんと日焼け止めを行う

この2つを心がけるようにすると良いですよ。

 

市販のものは効果ない?ドラッグストアの安いシミ消し化粧品の美容液を使っていますが全然効果なしです。どうしたらいいですか?(19歳 女性)

市販のシミ化粧品が効果ない・・・・とは言い切れませんがそのような商品もあるのは事実ですよ。「美白」とパッケージに大きく書かれていても肝心の美白成分の配合量がとても少なかったり、ひどいものは効果的な美白成分が入っていないものもあったりするようです。ですので、ちゃんとどのような美白成分が配合されていて、きちんとシミに働きかけることができる商品なのかどうかを見極めることが大事だと思います。

 

妊娠・出産で増えたシミが消えません・・・(泣)妊娠・出産を機にシミがものすごく増えてしまったような気がします。美白美容液をマメに塗ったり日焼け止めを塗ったりといろいろ対処はしているのですがあまり効果がありません・・。どうやればシミは消えてくれるのでしょうか?(29歳 女性)

ホルモンバランスの関係でシミができやすくなる時期です。紫外線に気をつけ、丁寧なケアをしましょう。
妊娠・出産を経験することでシミが増えてしまった・・と言うことはよくあることです。これは妊娠・出産によってホルモンバランスが一時的に急激に変化することでシミができやすい体質になるなどメラニン色素がどうしても増えてしまう環境に身体が変化してしまっているのですね。もちろんこれらは一時的なモノなので出産を終えしばらくすると普段の状態に戻っては行きます。ですから妊娠・出産期は平常時よりも余計により一層紫外線対策には気を付けなくてはいけない時期になるのです。ただ一度出来てしまったシミは出産を終えホルモンバランスが元の状態に戻っていたとしても勝手には消えてなくなることはありませんのでしっかりとお手入れする必要があります。まず気を付けなくてはいけないのが潜在的なシミ。外に出ているシミもそうですが実は肌の中にはシミの予備軍となる潜在的なシミがたくさん眠っているのでまずはこれらのシミが外に出てこないようにする必要があります。シミ対策では出ているシミを改善するのはもちろんのこと、どうやって肌内部のシミを外に出さないかが重要になってきます。シミは肌の外に出てくることによって「シミ」になるのですから要は肌の内部にいる間に叩いておけば問題ないのですね。シミが出来る過程ではチロシナーゼと言う酵素の働きが欠かせないので美白化粧品を選ぶ際にもチロシナーゼの働きを阻害する成分が配合されているものを選ぶようにするとイイでしょう。
【チロシナーゼを阻害する働きのある成分】

  • ハイドロキノン
  • エラグ酸
  • アルブチンなど

 

22歳ですが顔全体にシミがあり悩んでいます。22歳の女子です。もともと色白なせいか最近顔全体にシミが広がっているのが気になります。それほど目立つわけではないのですがこのまま濃くなって増えていったら・・と思うとものすごく怖いです。今から出来るシミ対策ってどんなことがありますか?(22歳 女性)

若い方が代謝が良いのでシミが消えやすい事と思います。  お手入れをがんばりましょう!
ご質問ありがとうございます!22歳と言う若いうちからシミに対して積極的に対処していこうという姿勢は本当に素晴らしいですね。シミは時間が経つとともにドンドン根が深くなり対処も難しくなっていきますが,できたてほやほやの状態ならまだまだ改善も難しくないので積極的なケアを進めていくと良いと思いますよ。美白化粧品を使いながらも日中の日焼け止めを塗って紫外線対策に気をつけることが大切です。また睡眠をしっかりとって肌のターンオーバーを正常にすることで少しずつシミは排出されることと思います。若いので代謝も良いと思いますので、早めの顔のシミのケアで悩みが解消されるかもしれません。

 

ニキビ跡はシミですか?ニキビ跡にはシミ消し化粧品を使うのがいいのでしょうか?(匿名 女性)

ニキビ跡はニキビの炎症が色素沈着してしまっているという状態ですからシミと同じと言えるでしょう。まずはニキビ対策をしてそれ以上ニキビを増やさないことが大事ですが、同時にシミとして残らないように早め早めにケアをするのがおすすめです。ビタミンC配合の化粧品やハイドロキノンやトレチノイン配合のシミ対策の商品がおすすめです。

 

顔のシミを消すなら

 

img

arrow

公式へ