顔のシミ消し対策方法とは

顔シミを消す最も有効な対策方法とは【顔のシミが消えないのは化粧品のせい?】

 

img

年齢を重ねるごとに現れるのが「シミ」。

 

若いときには多少無茶してもシミなんて全くできなかったのに、齢を重ねるにつれ「何をやっても全然シミが消えない!!

 

それどころか鏡を見るたびにコーヒーのようなシミが増えている・・」と悲痛なオタケビを上げているのはきっと私だけではないハズです。

 

巷には「シミが消える」と謳った商品は山のようにあるけれど実際使ってみては“騙された〜(涙)”ってなる事も少なくないのですね。

 

実際私なんかも「シミに効果的」だと記載されている美白化粧品をとっかえひっかえ使ってみても全く改善される気配すらナシ。そればかりか私の努力をあざ笑うかのように毎日のように新しいシミが増える始末・・。こうなるともう努力するのさえ空しくなってきてしまうのです。

 

じゃあどうすればよいのか・・。

 

確かにレーザー治療のような外科的な処置をすれば手っ取り早くキレイになるのかもしれません。

 

但しそれにはめちゃくちゃにお金がかかる!!

 

ほんの小さなシミを一つくらい取るだけなら何とかなるかもしれないですが、いくつもいくつもあるようなシミを取るとなるとン十万円、ヘタするともっとかかることも珍しくないのです・・。お金持ちならいざ知らず、なかなか自分の美容のためにそこまで予算を掛けられる人もいないですよね。

 

じゃあ出来てしまったシミは諦めるしかないのか・・なんて悲観的になってしまいますが実際にきちんと使い続ければ効果のある化粧品だってあるのです。

 

もちろん1〜2日使って消えるというような魔法的効果は期待できませんが、地道にコツコツ使用することで確実に薄くすることが出来るのです。

 

シミを消す最も有効な方法は何か・・と言えば、要は

 

「本当に良いシミ化粧品と出会えるかどうか・・」

 

ということ。なんちゃってではない、シミ改善に効果があると実証された成分が含まれている化粧品を使用することが、シミ改善の成功への一歩なのです。いわば「確実に消えるシミ対策化粧品と出会えるか」が一番のポイント。

 

「今はまだシミなんて関係ない・」・と思っているあなたも危ないですよ。肌の奥では着々とシミの予備軍たちが今か今かと出番を待ちかまえているのです。

 

平安時代のお姫様のように生涯を御簾の奥深くでじっと過ごしているのでもない限り、シミの元となる紫外線に必ずさらされているはずです。

 

シミが出来てから慌てなくてもいいように、しっかりと前もって知識だけは備えておくようにしましょう。

 

img

arrow

公式へ


顔のシミが消えない?最も有効な対策が知りたい!【原因と消し方って?】記事一覧

化粧品でシミを消せるか・・ということですが結果から言えばこれは十分に可能です。ただ、まるでなかったかのように完全に消滅させてしまうくらいにまで仕上げる・・となるとこれはかなり難しいと言えるでしょう。正直、シミを完全に消そうと思うとレーザー治療など外科的な処置が最も的確で即効性があり手っ取り早いです。ただ費用はかなり掛かってきてしまうので誰もが簡単に・・と言うわけにはいきません。私自身、もしレーザー...

中高年以降になると増大するのがシミの悩み。最近では美容外科から化粧品に至るまで様々な対処方法が提案され、シミ改善においても大きな成果が挙げられていますが、ただやはり一度シミが出来てしまうとなかなか元の状態に戻すのはお金も時間もかかり難しいと言わざるを得ません。出来ればいくつになってもシミのできない肌を目指したいところですが、では一体どんなところに気を付ければよいのでしょうか?<シミが出来る原因>シ...

顔のシミを取る方法にはいくつかあります。例えば○美容外科・皮膚科などによるレーザー治療○化粧品によるシミ改善前者の方は即効性がある分費用的にはかなりお高くなります。逆に後者の方は確かに効果が出るまでにある程度の時間はかかりますが、費用的にもお手頃ですし化粧品と言うリスクも少ない方法でもあるので気軽に始めることが出来るのですね。もっともお金に余裕のある方であればレーザー治療など美容外科に相談に行くの...

出来てしまったシミもハイドロキノン配合の化粧品でケアすれば徐々に薄くしていくことが可能です!ハイドロキノンは顔シミの漂白剤と言われるほどの強力な威力を持ちながらも化粧品として毎日使える成分なのでホームスキンケアとしてもうってつけ。シミ対策には本物の美白コスメを使うことが大切ですよ。また出来てしまったシミを取り除くことも重要ですが、基本はシミを作らない・作らせないようにするのがベストです。そのためシ...

一般的に「しみ」と言われているモノには2種類のタイプがあります。まず一つ目が「老人性色素斑」や「日光性黒子」とも言われるいわゆる紫外線が原因でメラニン色素が沈着し起こるシミ、そしてもうひとつが「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるシミです。肝斑と言う言葉はあまり聞きなれないかもしれませんがこれは同じシミでも紫外線で起こるものとは原因が少し違ってくるのですね。一般的なシミは紫外線など外的な要因で起こりますが...

美白化粧品に限らず多くの化粧品では大抵の場合、化粧水、美容液、乳液、クリームなどラインで販売されていることが多いです。ココで疑問になるのが「そもそも化粧品はライン使いしないといけないモノなのか?単品使いだと意味がなくなってしまうのか?」と言う事。結論から言えば必ずしもライン使いをしなければいけない・・と言うことは無さそうです。ただやはり理想を言うならばラインで使うのが最も好ましいと言うのは間違いな...

配合成分と含有率がミソシミ取り化粧品を選ぶうえで最も重要なポイントとなるのが配合成分とその配分量です。例えば最近美白成分として大きな注目を集めていて私としてもイチオシの「ハイドロキノン」。以前はその強すぎる作用と不安定さで医師の元でないと処方出来ない成分であったのですが、「新安定型ハイドロキノン」が開発されたことによって一般的な化粧品にまで取り入れられるようになっています。そして今現在ハイドロキノ...

シミ改善を狙って化粧品を選ぶ場合、今あるシミをなくすことも大切ですがそれ以上に「これからシミが出来ないようにする」と言うことが最も重要なポイントになります。シミはある日突然現れるかのように思いますが実は肌の下には大量のシミの元が眠っていて、肌表面に現れているシミはほんの一部分でしかありません。つまり本当の意味でシミを改善するには肌の下にある「シミの元」を断ち、肌内部から改善していかないといけないの...