顔のシミができる原因とは

顔のシミを消したい!【シミができる原因と予防対策方法とは?】

img

中高年以降になると増大するのがシミの悩み。

 

最近では美容外科から化粧品に至るまで様々な対処方法が提案され、シミ改善においても大きな成果が挙げられていますが、ただやはり一度シミが出来てしまうとなかなか元の状態に戻すのはお金も時間もかかり難しいと言わざるを得ません。

 

出来ればいくつになってもシミのできない肌を目指したいところですが、では一体どんなところに気を付ければよいのでしょうか?

 

<シミが出来る原因>

 

シミが出来てしまう原因は画一的なものではなく外的要素、内的要素が絡まり合って起こると言われています。そのため日焼け止めやサングラスを用いるなど外的要因から肌を守るだけでなく、食生活の改善、ストレスを溜めない生活などトータルで見ていくようにすると良いでしょう。

 

arrow

公式へ

シミができるまえに予防!【注意点とは?】

img

紫外線の影響

紫外線を浴びると肌は防御のためにメラニン色素を作り出します。これがいわゆる日焼けです。

 

新陳代謝が盛んに行われている間は古い角質と共に剥がれ落ちて元の肌の状態に戻っていくのですが、加齢などが原因で新陳代謝のサイクルが乱れてくるとメラニン色素が肌表面に留まってしまい色素沈着を起こしてシミの原因となってしまうのです。

 

シミを作る原因の7割強を占めていると言われているのが紫外線の影響です。

 

一昔前には「日焼けは健康に良い」とされた時代もありましたが今は紫外線が身体に与える影響が続々と報告されています。モチロン肌にとっても紫外線が与える影響は甚大ですから夏場だけでなく屋外に長くいる場合には冬であっても日焼け対策は行っておきましょう。

 

ストレスが原因で起こるシミ

実はストレスが原因で出来てしまっているシミも少なくありません。

 

女性の場合、強いストレスを受けることで脳下垂体を刺激、ホルモンバランスが崩れその結果色素細胞の活動が活発になりシミを増やすと言われているのですね。

 

またストレスが溜まることで体内に身体を錆びさせる活性酸素の量も増えてしまうため、肌の老化はますます促進しシミができやすくなる環境を作り上げてしまいやすくなります。

 

ストレスを上手に発散させることも美肌作りのポイントだと言えるでしょう。

 

タバコによるシミ

タバコを吸うと体内に活性酸素が増え体内の細胞を錆びさせてしまいます。

 

また喫煙によって血管は収縮され血行が悪くなり肌の老化を引き起こします。

 

さらに美肌作りに欠かせないビタミンCを破壊してしまうため急速に肌の老化を促進させてしまうこともよく知られています。

 

img

arrow

公式へ