シミ対策スキンケア方法なら

顔のシミを消すために!【シミ対策スキンケア方法やり方とは?】

img

出来てしまったシミもハイドロキノン配合の化粧品でケアすれば徐々に薄くしていくことが可能です!

 

ハイドロキノンは顔シミの漂白剤と言われるほどの強力な威力を持ちながらも化粧品として毎日使える成分なのでホームスキンケアとしてもうってつけ。

 

シミ対策には本物の美白コスメを使うことが大切ですよ。

 

また出来てしまったシミを取り除くことも重要ですが、基本はシミを作らない・作らせないようにするのがベストです。

 

そのためシミ取りケアと同様に「シミ予防のためのスキンケア」も怠らないようにしましょう。

 

arrow

公式へ

しみ対策のためのスキンケアまとめ

img

日焼け止めを忘れない

シミ対策として紫外線からお肌を守ると言うことはもう常識とも言えますが意外と夏場の晴天の日しか対策をされていない・・と言う方が多いです。

 

紫外線は冬場であっても曇りの日であってもモチロン部屋の中にも降り注いでいます。

 

朝起きて顔を洗うのと同じくらい、日焼け止めを塗るのを毎日の習慣とするようにしましょう。

 

乾燥から肌を守り保湿は怠らない

乾燥肌はすべての肌のトラブルの元です!!

 

水分を失った肌は弾力を失いキメを粗くし、さらには肌のバリア機能まで低下させてしまいます。バリア機能が低下した肌は少しの刺激でも敏感に反応しシミやしわの原因になってしまうのです。

 

肌の老化を防ぐためにもたっぷりと水分を補給し潤いのあるお肌を守りましょう。

 

洗顔は素手でやさしく・・

たまに洗顔をナイロンタオルやブラシやスポンジなどで行う方がいるようですが実はそう言った刺激もシミの元となってしまいます。

 

無用な刺激は肌にとって与えない方が得策。

 

洗顔は必ず素手で行い、また洗う時も手のひらでゴシゴシと擦ったりせず優しく泡を転がすようにして洗うようにしましょう。モチロンすすぐときもゴシゴシ洗いは禁物ですよ。

 

肌代謝を上げる栄養素をしっかりと取りましょう

いくらスキンケアに気を使っても、今あるシミを改善するには肌の代謝を高めて肌細胞の生まれ変わりを促進してあげなければなりません。

 

そのためにも肌の栄養分となる元を取ることが大切。あたらしい肌の生まれ変わりを助けるコラーゲンやビタミンC,代謝を助けるビタミンB1,また血管拡張作用を持つカプサイシンを取ることも新陳代謝を促す効果があるのでお勧めですよ。

 

ハイドロキノン配合のスキンケアで今あるシミを撃退!

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などいわゆる一般的な美白成分ではメラニン色素の働きを抑制する効果がほとんどになり今あるシミを消す効果としてはイマイチ物足りません

 

その点ハイドロキノンは今あるシミを確実に漂白していくので既に出来てしまったシミ対策としても大きな期待を持つことが出来るでしょう。

 

img

arrow

公式へ